リフォーム, 生活/暮らし,

東京でお風呂リフォームをするときの基礎知識

東京にはたくさんの住宅がありますが、その中でも古い住宅は、建物を維持するために様々なリフォームを必要とします東京は場所によって古い住宅が多いところと新築住宅が多い場所があります。築年数が20年を超えている住宅は、何らかのリフォームをしなければ、住むことが難しくなります。特に水回りを新しくしなければ、水漏れが起き、カビが生えてしまうことも珍しくありません。東京でお風呂のリフォームをするならば、お風呂のことに詳しい業者を選ぶ必要があります。

お風呂専用の業者はなかなかありませんが、お風呂を新しくすることができる業者はたくさんがあります。業者を選ぶ場合には、大きく分けて2種類あります。1つが、直接その業者が工事を行うパターンです。このパターンであれば、職人を直接雇わなければならず、人件費がかかってしまいます。

ですが、その分工事費用が安くなる可能性があります。もう一つは、直接職人を雇わずに、下請け業者にお願いをする仕組みです。下請け業者にお願いする場合は、中間マージンが発生します。下請け業者を紹介したお礼として、業者は中間マージンをもらうことになります。

家主としては、その分余計にお金を払わなければならないため、結果的に損をすることになるでしょう。中間マージンはおよそ工事費用の5%から7%程度になるのが普通です。そのため、特別大きな出費ではありませんが、できるだけ出費を抑えたい人は下請け業者を利用しないところを選ぶ必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です