生活/暮らし, , 騒音対策

将来に備えてリフォームを!練馬区編

練馬区では今後少子高齢化が深刻な問題になることが想定されています。将来の為に若いうちから住宅のリフォームをするこことが求められています。しかし、初めてのリフォームで何をすれば良いかわからない方も多いでしょう。そこで最初に改善すべきポイントをいくつかご紹介します。

1、階段、トイレ、バスルームに手すりを設置する2、部屋の出入り口の段差をなくす3、部屋ごとの温度差をなくすそれぞれを詳しく見ていきます。1、若いうちは手すりは不要と思うかもしれませんが、骨折をして松葉杖生活をすることになる場合やいずれ年齢を重ねて手すりの必要性を感じてから設置したのでは遅いと思います。事前に設置をしておくことで、使うことが習慣化するのです。2、練馬区は築年数が古い住宅も多数あります。

出入口に1センチほどの段差ができている住宅では躓く原因になります。フロアマットやカーペットタイルなどを設置して段差をできる限りなくさなければなりません。3、廊下や洗面所など温度差が出やすい場所では、年齢を重ねると心臓へのダメージが多くなります。空気循環ができるシステムを導入することでどこにいても同じ温度を保つことができます。

冒頭でも説明したように練馬区では高齢者人口が増加しています。自治体でも対策を講じていますが、まずは身近な場所である自宅のリフォームからはじめることをおすすめします。まだ若いから不要と考えているうちに、年齢を重ねて後悔することになります。できるところから少しずつ改善をしていけば良いのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です